読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある投資の奮闘目録@FX・不動産~年収300万からの資産構築~

はじめまして。アニメが趣味で、FXや不動産が生きがいでございます。アニメの紹介もしながら楽しく資産運用しましょう!!

タイトル ページ コンテンツ

家賃滞納問題を解決する ~不動産投資で成功するために~

家賃滞納問題を解決する ~不動産投資で成功するために~

f:id:nightgod:20170118231326j:plain

今回は、不動産投資でよくある「家賃滞納問題」について言及したいと思います。

 

失敗例「中古物件のオーナーが変わり、毎月決められた家賃の支払い日より少し遅れて振り込む入居者がいる。遅れたとしても1カ月程度なのだが、井払いにルーズな入居者が何人かいる。さらに、騒音の問題やごみの出し方が悪いなどの問題もある。」

 

こういったケースはよくあるのです。

大きな失敗とは言えないかもしれませんが、放っておくわけにはいきませんよね。

 

毎月、決められた日に払う約束になっていた家賃を、次の月から支払う入居者はよくいます。一か月以内の遅れですが、家賃滞納の理由は、「給料の支払い日と家賃の支払いのサイクルが合っていない」ケースが多いです。

 

他の理由としては、振込自体が面倒なので、数か月分の家賃をまとめて支払う入居者もよくいます。

 

これが繰り返されて、気が付いたら滞納されていたというケースもよくあるのです。

 

多少遅れていても家賃が入ってくるならいいのですが、滞納されてはたまったもんじゃないですよね。

 

問題視しなければ、後で大きな問題に発展することもあります。

 

では、家賃滞納問題をどのように解決すればいいのでしょうか?

 

一般的な解決策としては、「手数料を支払って弁護士さんに書面を作成してもらう」という方法です。

 

ですが、弁護士さんを雇うのは決して安くないですし、かなりの手間もかかります。

一般的に訴訟r手続きができるのは、3か月以上の家賃滞納です。

問題にするのに、かなり制限がありますし、もし家賃の価格が低ければ、赤字になってしまいますよね。

 

では、根本的な解決はどうすればいいのでしょうか?

 

それは、「まずこのような問題を起こさない」ということです。

 

問題解決には大雑把に言って二つあります。

一つが、トラブルが起きた後に対処する方法。

 

もう一つが、トラブルが起こるのを防ぐ方法です。

 

できれば、後者の方がいいですよね。

 

では、どのようにすれば、未然にこういったトラブルが防げるのでしょうか?

 

それは、「東京の一等地のような」好条件の物件を買うことです。

 

なぜなら、家賃自体が高いので、高所得者層が住むことになります。

基本的にこういった場合は、トラブルも少なくなります。

 

それに、都心の物件ですと、募集がなくなる可能性は低いので、収益の継続にもつながります。

 

ですので、家賃滞納問題を防ぐ解決策としては、「都心の物件を買う」のが一番かと思われます。

 

東京23区の物件はこちらを参考にしてください。

cocozas.jp

http://cocozas.jp/cl/noda_1.b.html