読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある投資の奮闘目録@FX・不動産~年収300万からの資産構築~

はじめまして。アニメが趣味で、FXや不動産が生きがいでございます。アニメの紹介もしながら楽しく資産運用しましょう!!

タイトル ページ コンテンツ

資産構築 「FX編」 ~レバレッジとスワップの考え方~

 資産構築 「FX編」 ~レバレッジ損切りの考え方~

f:id:nightgod:20170104212259j:plain

今回は、レバレッジスワップの考え方について言及したいと思います。

 

レバレッジで長期保有を目指せ

簡単に要点をまとめると

1、日本が超低金利の間は、「○○/円」という通貨ペアを買えばいい。

2、ただし、できるだけ安い時に買うのがいい。

 

ターゲットを決めて、できれば現在地よりも安く買えるといいです。

少々の為替差損は、スワップをもらっているので、気にしなくてもいいのですが、膨らむとやはり痛いものですよね。

 

今が安いのか高いのかは、値動きのグラフであるチャートが判断の材料になります。

 

さて、通貨ペアを安く買えたら、次はできるだけ長く持ち続けることを目標にしましょう。

 

そのためには、「できるだけレバレッジは1~3倍の間にしておく」ことが重要です。

 

レバレッジを上げすぎると、為替レートが少し動いただけでも大きな損失になってしまいます。

ハイリターンの可能性もありますが、ハイリスクなのです。

そうなってくると、長期保有するのが難しくなってきます。

 

例えば、10倍のレバレッジをかけてみると、もらえるスワップも10倍になります。

ですが、損益が出た時も10倍だということを心がけておきましょう。

 

為替が1%動くと、資金が10%も動くということになります。

為替が1%動くなんて日常茶飯事です。

ですから、レバレッジは低くしておくのが長期保有のポイントです。

 

特に変動の大きな通貨は、南アフリカランド、豪ドルなどです。

これらの記事もあるのでぜひ読んでくださいね。

 

損切りをするのは大きく下げた時だけにすべし

保有中は何があるか分かりません。

損することもあれば、得することもあります。

でも、低レバレッジスワップ狙いであるならば、多少の為替差損は気にしなくても大丈夫です。

 

スワップ狙いの時は、損切りは大きく下げたときのみ」

これを心がけてください。

 

大きな利益が出たら利確すべし

長期保有が基本とはいえ、為替がうまい具合に進んで、大きな利益がでたら、その時点で利確しておくべきです。

この点は、デイトレードと同じです。

 

利確後に円安に進むと思ったら、また買いなおせばいいのです。

 

資産構築の秘訣はこちら

cocozas.jp

http://cocozas.jp/cl/noda_1.b.html