読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある投資の奮闘目録@FX・不動産~年収300万からの資産構築~

はじめまして。アニメが趣味で、FXや不動産が生きがいでございます。アニメの紹介もしながら楽しく資産運用しましょう!!

タイトル ページ コンテンツ

資産構築 「FX編」~リーマンショックで大きく外れた予想~

資産構築 「FX編」~リーマンショックで大きく外れた予想~

f:id:nightgod:20161226150617j:plain

レートの動きを正確に予測することのできる人はまずいません。

 

今回は、2008年のリーマンショックで大きく予想を外したケースについて言及したいと思います。

 

まず、他の記事で、為替レートを動かしているのは、「アメリカの通貨政策」だったり、「雇用統計」だったり、「GDP」だったりと、いろいろな経済指標について例を挙げていきました。

 

ですが、それらの経済指標には、ある共通点があるのです。

 

それは、「すべて人間が決めている」ということです。

もっと掘り下げていうと、「人間の心理によって決められている」ということなのです。

 

人間の心理の集合体が、為替レートなわけですから、誰にも予想できるはずがありません。

 

FX以外にも、株でも同じようなことが言えます。

「そろそろ最高値になるだろう」

「このくらいで下げ止まるだろう」

そう思っていても、そこからさらに上がったり、下がったりすることはよくあることです。

 

時には、予想をはるかに越えて下がることもあるのです。

 

f:id:nightgod:20161226151327g:plain

まだ、記憶に根強く残っている人も多いのではないでしょうか?

上の画像は、リーマンショックの時の株価の推移です。

 

なんとなく、日経平均株価を見て、「1万円ぐらいで下げどまるだろう」、米ドル/円の動きをみて、「100円か、よほどのことがない限り、さがっても95円くらいまでしか下がらないだろう」と多くの人が思っていました。

 

しかし、実際は日経平均株価は7000円台、米ドル/円は87円台まで下落。予測は大きく外れたのです。

 

このようにほとんどの投資家は、先の相場を予測することはできません。

 

まとめると、

1、値動きはそう簡単にはわからない

2、予測を越える値動きをすることもある

 

これらを前提に取引をすべきだと意識づけることが大切です。

 

cocozas.jp

http://cocozas.jp/cl/noda_1.b.html