読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある投資の奮闘目録@FX・不動産~年収300万からの資産構築~

はじめまして。アニメが趣味で、FXや不動産が生きがいでございます。アニメの紹介もしながら楽しく資産運用しましょう!!

タイトル ページ コンテンツ

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資のメリットとデメリット

f:id:nightgod:20161223001804j:plain

不動産投資が盛り上がる理由には、市場の状況やマイナス金利政策といった背景も大きく影響しています。

 

ですが、不動産投資がサラリーマンに向いているかということが挙げられてきます。

 

なぜ、サラリーマンに不動産投資が向いているのかを考えるためには、まず、不動産投資のメリットとデメリットを理解する必要があります。

 

不動産投資のメリット

まず、不動産投資の最大のメリットは、元手が少なくても、「銀行融資」によってレバレッジを聞かせることができるといった点です。

 

株やFXといった投資では、銀行から融資を受けることはできません。

ですので、銀行から融資が受けられるのは、不動産投資ならではのメリットと言えるでしょう。

 

しかも、毎月の家賃収入でローンを返済することもできます。

 

融資条件によりますが、自己資産の持ち出しがなくても、数千万規模、もしくは数億円規模の融資が受けられるのです。

 

さらに、定年と同時にローンが完済できるようにしておけば、定年後の家賃収入を生活費に充てることもできます。

 

また、不動産投資では、物件購入後の管理運営を外部発注する仕組みが揃っています。

 

入居者対応から集金業務、リフォームの手配、定期清掃といった実務はもちろん、経理面についても税理士に依頼することができます。

 

そのため、多忙なサラリーマンであっても不動産投資と本業を両立することができます。

 

こうしたメリットがあるので、首都圏に住んでいるサラリーマン投資家が北海道や九州といった遠方の物件を所有することができるのです。

 

なかには、「もう数年も自分が買った物件を見ていない」といった人もいます。

 

何もしなくても収入が得られる、まさに夢のような不労所得があなたのものになるのです。

 

不動産投資のデメリット

一方で、デメリットもちゃんとあります。

不動産投資の利益は入居者から支払われる月々の家賃です。

 

その家賃収入をもたらす入居者の数が減少しているというのが現状です。

 

すでに、供給過剰になった地方では、新規物件があってもなかなか入居者が決まらないといった問題が多発しています。

 

2016年の国勢調査によると、日本の人口は1億2711万人となり、2010年から94万人の減少、割合にすると0.7%の人口減少が起きているのです。

 

日本の人口は19320年の調査開始以来、ずっと増加し続けていましたが、近年初めて減少してきたと言えます。

 

人口減少を迎えている今の日本は、今後急速に人口が増えていくことはないと予測されています。

 

また、人口減少と高齢化は、世界でも例を見ないスピードで進んでいます。

その影響が顕著である地域では、住宅の需要は下がり、空き家の増加がさらに進んでいます。

 

もしも、入居者が見つからず、賃料収入が入らなければ、月々のローンを自分の給料や貯金から払わなければなりません。

 

たとえ、空き家があっても、物件の管理費やメンテナンス費や固定資産税といった維持費がかかり、ひたすら赤字になるだけです。

 

また、不動産投資は、現物投資なので、FXのようにボタン一つで売却することができません。

f:id:nightgod:20161223004220j:plain

 

まとめ~メリットとデメリットを踏まえて~

まず、投資をする前にメリットとデメリットを確認するのは必須です。

不動産投資には、かなりメリットも多いですが、上で確認したようにデメリットも多いのです。

 

ですから、信用のできる情報現や不動産会社で、確実に成功できる物件を探さなければいけません。

 

私が不動産投資をしたときに活用したサイトがあるので、参考までに見て頂くと幸いです。

cocozas.jp

 

 

http://cocozas.jp/cl/noda_1.b.html